2022年9月25日日曜日

2022年09月25日 第4主日礼拝 福音は人を変える

招詞
 あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。主は、あなたの義を光のように、あなたの正しさを真昼のように輝かされる。           詩篇37篇5~6節

聖書箇所
第1コリント15章1~11節

説教
福音は人を変える 田口勇新牧師

音声のみはこちら:MP3音声ファイル


言(こと)ローグ/458 十戒の全体像
 「わたしは、あなたをエジプトの国、奴隷の家から連れ出した、あなたの神、主である。」 
                                 出エジプト記20章2節

 神がイスラエルの民と結ぶ最も基本となる契約が、出20:1~17に「十戒」という形で神から示されています 。
十戒の内容は、前半が、神に対する義務と責任、後半は、隣人に対する義務と責任に二分されます。すなわち、①心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。申命記6:5 と②あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい。レビ記19:18です。イエスさまは、「律法の大切な戒めは何か」と問われた時に、この二つのか所から神と隣人を愛しなさい」とまとめられました(マタイ22:37~40)。ところで、マタイのギリシア語原文では「愛する」が命令形ではなく、未来形で書かれていることから、「愛するであろう」と訳すことができます。神がいかに熱愛しておられるかをあなたが知るならば、「心を尽くして・・・あなたの神である主を愛するようになる」し「隣人を愛するようになる」ということです。愛は命令や強制によって培われることはありません。愛は自発的、主体的要素が重要です。ですから、私たちが主をどのような方として知っているか(経験しているか)で、神と人を愛する姿勢が大きく変わります。あなたは、主をどのような方として知っていますか?     (銘形:「出エジプト記」より一部引用)

2022年9月17日土曜日

2022年09月18日 第3主日礼拝 勝利の賛歌

招詞
 主に信頼し善を行え。地に住み、誠実を養え。主を自らの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。                          詩篇37篇3~4節

聖書箇所
出エジプト記15章1~21節

説教
勝利の賛歌 田口勇新牧師

音声のみはこちら:MP3音声ファイル


言(こと)ローグ/457 徹夜の祈りの後で ②

 イエスは祈るために山に行き、神に祈りながら夜を明かされた。 そして、夜が明けると弟子たちを呼び寄せ、その中から十二人を選び、彼らに使徒という名をつけられた。すなわち、ペテロという名を与えられたシモンとその兄弟アンデレ、そしてヤコブ、ヨハネ、ピリポ、バルトロマイ、マタイ、トマス、アルパヨの子ヤコブ、熱心党員と呼ばれていたシモン、ヤコブの子ユダ、イスカリオテのユダで、このユダがイエスを裏切るものとなった。    ルカの福音書6章12~16節

 使徒(アポストロス)の資格は、イエスの直弟子であることでした。パウロは例外ですから、自分は使徒の資格があると主張しています(ガラテヤ1:1ほか)。使徒とは、イエスの福音のメッセージを託された者という意味で、アルネ語のマカ・ウラーケもこの意味です。「使徒」とはあくまでも12弟子による共同体的・教会的「使徒」を意味しています。このイエスの愛弟子たちはしかし、十字架の前夜、捕縛を恐れてイエスを置き去りにしたことで痛悔(つうかい)を経験しましたが、ペンテコステ以来変わりました。やがて迫害がエルサレムに起こったとき、身の危険から多くの他の弟子たちは各地に散りましたが、使徒たちだけはエルサレムにとどまりました。短い期間、エルサレムを出ることはあったとしても、必ず、エルサレムに戻っています。命がけで教会に仕えた使徒たちの証言集と言える新約聖書27巻の重みを感じます。愛読しましょう。   
                     (銘形:「ルカの福音書を味わう」より一部引用)

2022年9月11日日曜日

2022年09月11日 第2主日礼拝 贖いの力 ③ 完全勝利

招詞
 いのちの泉はあなたとともにあり、あなたの光のうちに、私たちは光を見るからです。注いでください。あなたの恵みを、あなたを知る者に。あなたの義を、心の直ぐな人たちに。
                                  詩篇36篇9~10節

聖書箇所
出エジプト記14章1~31節

説教
贖いの力 ③ 完全勝利 田口勇新牧師

音声のみはこちら:MP3音声ファイル

言(こと)ローグ/456 徹夜の祈りの後で①

 そのころ、イエスは祈るために山に行き、神に祈りながら夜を明かされた。そして、夜が明けると弟子たちを呼び寄せ、その中から十二人を選び、彼らに使徒という名をお与えになった。
                              ルカの福音書6章12~13節

 この章の12~19節には、二つの事柄が記されています。ひとつはイエスが徹夜で夜を明かした後に、弟子たちを呼び寄せ、その中から12人の使徒を選び出したこと。もうひとつはいやしを求める群衆に対して「イエスから力が出て、すべての人をいやした」ことです。
後者のいやしを求める群衆は、異邦人を含むパレスチナ全土からイエスのもとに来ており、「群衆は何とかしてイエスにさわろうとしていた」(19節)とあります。「何とかして」というのは「必死に何かをしようとする動詞「ゼーテオー」で、熱心な求道を意味します。「イエスから力が出た」という箇所の直訳は、「力が途切れなく出た」(未完了形)です。遠くからイエスを見ているだけでなく、イエスさまに近づく時、必死に願う時、イエスは、分け隔てなく、私たち全てをいやしてくださいます。また、イエスは、ゼーテオーの求めを喜ばれます。
                     (銘形:「ルカの福音書を味わう」より一部引用)

2022年9月4日日曜日

2022年09月04日 第1主日礼拝 過ぎ越し 贖いの力 ①

招詞
 主は、心の砕かれた者のそばにおられ、魂の砕かれた者を救われる。正しい者には悩みが多い。しかし、主はそのすべての悩みから救い出される。    詩篇34篇18~19節 (現代訳)

聖書箇所
出エジプト記13章1節~16節

説教
過ぎ越し 贖いの力 ① 田口勇新牧師

音声のみはこちら:MP3音声ファイル


言(こと)ローグ/455 人の子は安息日の主

 イエスは、言われた。「人の子(イエス)は、安息日にも主です。」
                            ルカの福音書6章5節 (現代訳)

 安息日(クリスチャンにとっては日曜日)を日常の生活から切り分けて聖なる日とすることは、永遠に変わることのない神のご意志です。しかしイエスの時代の宗教指導者たち(パリサイ人など)は、人々を生かすことよりも口伝律法も含め、規則で縛りました。別の安息日に、イエスがユダヤ人会堂に入って教えておられた時、そこに、右手のなえた人がいたので、彼を直してやりましたが、パリサイ人たちは激怒しました。「安息日に人を救った」からです。しかし、これは、律法の安息日違反ではありません。
安息日の目的は2つです。第1は、神と共にあることを喜び楽しみ、神から与えられたみ言葉を学び、その中に示されている神の民としてのあり方を生きるためです。第2は、心身の休息です。週一休むことで、休日が信仰の回帰点ともなります。自分のためだけではありません。申命記5:14には、主人が休まないと休めない在留異国人、男女の奴隷たちなど、当時の社会的な弱者たちも休めるようにと付記されています。現代の日本社会にも適用したいみことばです。
                     (銘形:「イエスの破天荒な言動2」より一部引用)

2022年8月28日日曜日

2022年08月28日 第4主日礼拝 過ぎ越し 贖いの力 ①

招詞
 私はあらゆる時に主をほめたたえる。私の口には、いつも、主への賛美がある。私とともに主をほめよ。ひとつになって、御名をあがめよう。              詩篇34篇1、3節

聖書箇所
出エジプト記11章節~章節

説教
過ぎ越し 贖いの力 ① 田口勇新牧師

音声のみはこちら:MP3音声ファイル


言(こと)ローグ/454 新しく生まれ変わらなければ

 イエスはこう言われた。「どんな人でも生れ変りを経験しなければ、神の国に入れていただくことはできません。」 ニコデモは、言った。「先生。私は年を取りました。どうして、もう一度母の胎に入り直して、出て来ることができましょうか。」    ヨハネの福音書3章3~4節 現代訳

 イエスの型破りな発言は続きます。「神の国に入れていただく」とは、神の国の支配、神の恵み、神の愛を真に経験できる世界です。これを別なことばで表現すると、「永遠のいのちを持つ」とか、「救われる」ということばになります。
「新しく生まれ変わり」とは、「つもり」とか、「気持ち」とかという心の構え方の問題ではなく、まさに、現実の経験として「新しく生まれる」ことを意味します。頭で理解しようとすると、おそらく混乱するでしょう。なぜなら、霊的な出来事だからです。ニコデモも混乱しました。「私は年を取りました。どうしてもう一度母の胎に入り直して、出てくることができましょうか。」 律法の大先生ニコデモとイエスの問答には、「すれ違い現象」が起こっていますが、ここに闇が光と接触していたのです。
しかし、この時以来、ニコデモはイエスの弟子になり、ユダヤ人議会でイエスの擁護発言をし、イエスの埋葬にも関わります。光が闇に打ち勝ったのです。 
                (銘形:「主との友情を育むヨハネの福音書」より一部引用)

2022年8月20日土曜日

2022年08月21日 第3主日礼拝 強権者ファラオと③

招詞
 まことに私たちの心は主を喜び、私たちは、聖なる御名により頼む。主よ。あなたの恵みが、私たちの上にありますように。                    詩篇33篇21~22節

聖書箇所
出エジプト記9章1節~10章29節

説教
強権者ファラオと③ 田口勇新牧師

音声のみはこちら:MP3音声ファイル


言(こと)ローグ/453 仮寝の場所も無い

 イエスたちが、道を進んで行くと、ある人がイエスに言った。「私は、あなたがおいでになる所なら、どこへでもご一緒に参ります。」 すると、イエスは彼に言われた。「さすらいの習性のある狐にさえ、ねぐらはある。空の鳥にも巣がある。しかし、わたしには仮寝の場所も無い。わたしに従って来る者も、同じことを覚悟しなければなりません。」
                         ルカの福音書 9章57~58節 (現代訳)

 イエスが、30歳になり型破りなメッセージ(福音)を持って、公生涯に出た初期のエピソードです。一見、弟子入り志願の若者(?)への断りの文句にも聞こえます。つまり、狐たちには自分の家がある。落ち着きの我が家、帰る場所というものがある。しかし、「私には、イスラエルを行脚する毎日だけだよ。それでもついて来るかね?」と問われました。
イエスは、実際には、ガリラヤ湖の北岸の町カペナウムがベースでそこからエルサレムを含むイスラエル全土を巡りました。地中海沿岸のツロまでも足を延ばされました。エルサレムに近いマルタ、マリヤ、ラザロの家で弟子たちと休憩・宿泊することも多かったようです。それでも、イエスとペテロなど側近の弟子たちにとってほぼ毎日が旅だったわけです。「狐には...」は決して大げさな言い方ではありません。イエスが、実際にしたことは、イスラエル中を行脚し、福音の種まきをなさることでした。弟子たちが収穫に預かるために。

2022年8月14日日曜日

2022年08月14日 第2主日礼拝 強権者ファラオと②

招詞
 正しい者たち 主を喜び歌え。賛美は直ぐな人たちにふさわしい。竪琴に合わせて主に感謝せよ。十弦の琴に合わせてほめ歌を歌え。新しい歌を主に歌え。      詩篇33編1~3節

聖書箇所
出エジプト記7章8節~8章

説教
強権者ファラオと② 田口勇新牧師

音声のみはこちら:MP3音声ファイル


言(こと)ローグ/452 イエスの型破り⑤ 友(フィロス)

 わたしはもう、あなたがたをしもべとは呼びません。しもべなら主人が何をするのか知らないからです。わたしはあなたがたを友と呼びました。父から聞いたことをすべて、あなたがたには知らせたからです。                         ヨハネの福音書15章15節

 しもべ(ドゥロス)と友(フィロス)の間は大きな違いがあります。イエスは、友である弟子たちには父(神)のみこころを全て話したから、というのです。この弟子たちの(直接)証言集が新約聖書です。ルカとパウロは、イエスの十字架の後で途中から弟子になり、執筆に加わり、神の霊感を受けて、ルカは、ルカの福音書と使徒の働きを、パウロはローマ人への手紙から始まる大部分の手紙を書きとめました。
「わたしはあなたがたを友と呼びました」とのイエスの言葉は、信じた私たちにも適用されるというのが私たちの信仰です。イエスが説いた終末の出来ごとまでも開示されているからです。過去(預言)を知り、未来(終末)を知って現在を歩く者たちです。今週も地に足の着いた一歩を進めましょう。