2018年11月4日日曜日

2018年11月04日 第1主日礼拝 主にあって強く①

招詞
私たちの神、主のご慈愛が私たちの上にありますように。そして、私たちの手のわざを確かなものにしてください。                            詩篇90篇17節

聖書箇所
エペソ人への手紙6章10節

説教
主にあって強く① 田口勇新牧師
MP3音声ファイル

言(こと)ローグ/259 弱さと謙遜 ① 

 「私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱い時にこそ、私は強いからです。」          コリント人への手紙12:9b~10

 イエスさまの降誕を感謝し、お祝いする降誕節(12/2~23)が近づきました。イエスさまが見せてくださった事として、弱さと謙遜について考えましょう。
 私たちと神との親しいかかわりを破壊してしまうのは高ぶりです。その高ぶりから私たちを守るものは、謙遜です。神は、私たちを高ぶりの罪から守っていてくださっていますが、これは祝福であり憐みです。
 パウロは、「自分の肉体の一つのとげ」を通して謙遜になれた、と述べています。上記のパウロの言葉は、神さまに「三度の嘆願」をしても癒されなかった後の告白です。ペテロの場合には、正統派ユダヤ人意識が謙遜を妨げました。食べものに関して、イエスさまとの「三度のやりとり」を通らなければなりませんでした。ペテロの場合のこのやりとりは、実は「異邦人を受け入れなさい」、という神の導きだったのです。そのためにペテロは不思議な経験をさせられます。このために、使徒の働き10~11章が割かれています。
 私たちに対する「神からの謙遜への招き」にも神さまとの関わりのストーリーがあるようです。次回、詳しく見ていきましょう。           (銘形:「謙遜への招き」を一部引用)

2018年10月28日日曜日

2018年10月28日 第4主日礼拝 羊飼いが与える慰め

招詞
 わたしは良い牧者です。わたしはわたしのものを知っており、わたしのものは、わたしを知っています。                           ヨハネの福音書10章14節

聖書箇所
詩篇23編

説教
羊飼いが与える慰め 田口孝子師
MP3音声ファイル

言(こと)ローグ/258 「むちと杖」
 
 「たとえ、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたがともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。」       詩篇23篇4節

  ここで、「むち」あたるヘブル語は「セーヴェト」で、じつは「むち、杖、しもと(細い枝)、棒、こん棒、さお」のどれにも訳すことができます。英語では多くの訳がrod(枝、棒)と訳していますし、日本語でも「しもと、棒」と訳しているものもあります。また、「杖」にあたるヘブル語は「ミシュエネット」で、こちらはほとんど「杖(staff)」と訳されていて、羊飼いが羊を導いたり、小羊を母親に寄せたり、羊飼い自身が寄りかかる杖です。
さて、羊飼いは何をするために、「むち」と訳されている、このセーヴェトなるものをもっているのでしょうか。フィリップ・ケラー著「羊飼いが見た詩編23篇」(1979年初版、2017年再版)がとても興味深いことを書いています。ケラーさんが育った西アフリカで見た羊飼いたちは、こん棒をもっていて、羊が毒草のあるような行ってはいけない方向に行き始めたら、このこん棒をそのちょうど先に投げて、行くのを防ぐのだそうです。また、野獣が襲ってきたら、これを投げて羊の群れを守るのです。パレスチナでも似ているそうです。これを読んだ瞬間、私は、羊飼いはこれを羊に対して使うのではなく、羊を守るために使うのだとわかりました。アフリカで、羊飼いたちの棒投げコンテストがあるのだそうで、彼らは非常に正確に遠くのある一点をめがけて投げ競うそうです。その正確さはよい羊飼いの高い技術です。羊飼いが羊の群れを飼っている草原で、ケラーさんはこん棒が空を切る音を何回も聞いたとありました。そのほか、羊飼いは棒で羊の数を数えたり、長い羊毛をかき分けて病気や傷を探すのに使うのです。主なる神は、私たち群れの一人一人から一時も目を離さず、見守っていてくださり、危険な方向に向かった時、また危険が迫ってくる時、ご自身のみ力をもって、みことばをもって、ご聖霊によって守ってくださる最高の羊飼いです。

2018年10月21日日曜日

2018年10月21日 宗教改革記念礼拝 新しい歌を主に歌おう

招詞
私は、【主】の恵みを、とこしえに歌います。あなたの真実を代々限りなく私の口で知らせます。私はこう言います。「御恵みは、とこしえに建てられ、あなたは、その真実を天に堅く立てられる」と。                               詩篇89篇1~2節

聖書箇所
詩篇33篇1~22節

説教
新しい歌を主に歌おう 田口勇新牧師
MP3音声ファイル

2018年10月14日日曜日

2018年10月14日 第2主日礼拝 新しい人と友情

招詞
 主よ。あなたの道を私に教えてください。私はあなたの真理のうちを歩みます。私の心を一つにしてください。御名を恐れるように。私は心を尽くしてあなたに感謝し、とこしえまでも、あなたの御名をあがめましょう。                    詩篇86篇11~12節

聖書箇所
エペソ人への手紙6章5~9節

説教
新しい人と友情 田口勇新牧師
MP3音声ファイル

言(こと)ローグ/257  宗教改革の精神の具体化① ドイツコラール(ドイツ語会衆讃美歌)

  主は、私の口に、新しい歌、われらの神への賛美を授けられた。     詩篇40篇3節

 今年は、マルチン・ルターの宗教改革から501年目です。当時の新生ルーテル教会では、カトリック教会時代と比べ、音楽と説教が変わりました。ルターは宗教改革の精神を具体化するため教会音楽の庶民化をはかり、全信徒参加型礼拝を可能にする会衆賛美(コラール)の基礎をつくりました。つまり、それ以前のカトリック教会時代には、賛美歌は訓練された聖歌隊がドイツ人の母語であるドイツ語ではなく、ローマ教会の公用語であるラテン語だけで賛美されていました。
 さて、ルターがコラール(全会衆の賛美歌)を作る上で重きをおいたのは、わかりやすさでした。ドイツ語聖書への翻訳のときと同じく、歌詞が誰にもわかるドイツ語であったことと、メロディーが親しみやすいことでした。こうして、1523~24年の両年にかけて大小4種類の重要なドイツ・コラール集(会衆賛美歌集)が出版されました。この歌集では重要な二つの先例を作りましたが一つは異なった歌詞(テキスト)に、同じメロディーを当てる習慣を作ったことです。これが、私たちの使っている賛美歌や聖歌の形式です。美しい賛美歌を沢山歌えることは感謝ですね。神様が、ルターを用いて、先見の目を働かせてくださったことを感謝し、新しい歌(信仰の歌)を歌い続けましょう。
                     (銘形「マルチン・ルターとコラール」から引用)

2018年10月7日日曜日

2018年10月07日 第1主日礼拝 立場に従って 立場にかかわらず

招詞
【主】は恵みと栄光を授け、正しく歩く者たちに、良いものを拒まれません。万軍の【主】よ。なんと幸いなことでしょう。あなたに信頼するその人は。       詩篇84篇11b~12節

聖書箇所
レビ記4章3節、13節、22節
   5章1節、7節、11節

説教
立場に従って 立場にかかわらず 老松望KGK主事
MP3音声ファイル

言(こと)ローグ/256  信仰者の嘆き 

  母の胎内にいた時から、あなたは私の神です。どうか、遠く離れないでください。苦しみが近づいており、助ける者がいないのです。              詩篇22篇10b~11節

 詩篇には、苦悩する心の叫びや怒り、悲嘆や失望が表わされています。決してきれいごとが綴られているわけではありません。人間の醜さもそのまま綴られているのです。だからこそ、詩篇がいつも身近に感じられるのかもしれません。
 現代は心の病、特に、「うつ」になる人が増えています。「うつ」は決してはずかしい病ではありません。これは人間であるゆえの病です。たとえば、人との結びつきが、なんらかの理由によって絶たれてしまうなら、心は不安と孤独と恐れでいっぱいになります。人間は関係性の中で生きる存在であるゆえに、その関係性に傷つくと心が病むのです。生きていれば、必ず、心に傷を受けます。それを避けて通ることはできません。心が病めば、それは身体にも表われます。
 詩篇の世界にはそうした現実に悩む者たちの叫びがありのままに記されています。しかし、その苦しみを言葉に出すことによって、カタルシス、つまり、心のいやしがなされるのです。この癒しには時間がかかりますが、22篇の後半には、その過程も歌われています。22篇を読み返してみてください。                  (銘形「詩編瞑想の手引き」から一部引用)

2018年9月30日日曜日

2018年09月30日 第5主日礼拝 救いの喜び

招詞
万軍の【主】。あなたのお住まいはなんと、慕わしいことでしょう。私のたましいは、【主】の大庭を恋い慕って絶え入るばかりです。私の心も、身も、生ける神に喜びの歌を歌います。
                                   詩篇84篇1~2節

聖書箇所
ルカの福音書15章1~7節

説教
救いの喜び ウォン・ジョンア宣教師
MP3音声ファイル

言(こと)ローグ/255  詩篇の中の信仰告白② 嘆きの詩篇

 わが神、わが神。どうして、私をお見捨てになったのですか。遠く離れて私をお救いにならないのですか。私のうめきのことばにも。                   詩篇22篇1節
 
 先週、信仰告白、つまり、神は自分にとってどのようなお方であるかということを口で告白することは、私たちが思っている以上に大きな影響を与える、と書きました。上記22篇は嘆きの詩篇と呼ばれます。一見、思い詩(うた)ですが、嘆きを伴った信仰の告白がしばしば勝利をもたらす転換点となっています。55篇から125篇が嘆きの詩篇と分類する学者もいますが、その場合、150篇ある詩の3分の1が嘆きの詩です。しかし、嘆きの告白の後に、希望を伴う賛美があり、それが神の臨在をより強いものとしています。私たちが、毎週教会で歌う賛美の中にもそうした告白が歌わているのではないでしょうか。神のみこころは、私たちがさまざまな問題や心配事に取り囲まれたとしても、神が与えてくださる安息(シャローム)を経験することです。嘆きとともに、シャロームに達する告白を歌わさせていただきましょう。
                        (銘形「詩編瞑想の手引き」から一部引用)

2018年9月23日日曜日

2018年09月23日 第4主日礼拝 10のことば

招詞
われらの力であられる神に喜び歌え。ヤコブの神に喜び叫べ。声高らかにほめ歌を歌え。タンバリンを打ち鳴らせ。六弦の琴に合わせて、良い音の立琴をかき鳴らせ。    詩篇81篇1~2節

聖書箇所
出エジプト記20章1~17節

説教
10のことば 菅孝雄兄

言(こと)ローグ/254  詩篇の中の信仰告白①

 神よ、私をあわれんでください。私のたましいはあなたに身を避けていますから。まことに、滅びが過ぎ去るまで、私は御翼の陰に身を避けます。 私はいと高き方、神に呼ばわります。私のために、すべてを成し遂げてくださる神に。 神は、天からの送りで、私を救われます。
                                   詩篇57篇1~3節
詩篇に共通する要素があるとすれば、それは「信仰告白」です。つまり、神が自分にとってどのようなお方であるのかという告白です。ちまたで言う「私はあなたが好きです」という一方的な感情の告白ではありません。詩篇には、神は「・・・の方」という表現形式や、「神は、私の・・・・」という表現形式をとった告白が数多くあります。それらはみな、実際に神をそのような方として経験したからです。
 上記、詩篇57篇は、ダビデが荒れ野の洞窟の中で作った歌です。サウル王が忠実な軍司令官ダビデを、嫉妬心から憎み、謀反人という冤罪をでっちあげて、殺そうとした背景があります。理不尽な仕打ちにダビデは意気消沈しながらも神、主を信じて祈っています。ここには、信仰告白がありますね。
私たちは自分の語ることばによって支配されます。失敗について語れば失敗に束縛され、心配を口にするなら心配に心が捕らわれてしまいます。つぶやきを口にしている者が心に平安を与えられることはありません。口で語ること、口で告白することは、私たちの生き方に大きな影響を与えているのです。
 したがって、詩篇を瞑想するとき、その詩篇の作者が置かれた状況の中で神をどのように告白しているかに注目することはとても重要なことです。(銘形「詩編瞑想の手引き」よろり一部引用)